topへ

桜咲いたら一年せい

ランドセルは海を越えて

小学校生活を6年間共に過ごしてきたランドセル。たくさんの思い出が詰まったランドセル。「そのまま捨てるなんてもったい!!」そう思っている方にと前ページで「記念にミニサイズに加工してもらっては?!」とお薦めしましたが、「別に思い出にとっておく必要なんてないな〜」なんて思っている方に!

捨てる前に一度考えてみてはいかがですか?

「ランドセルは海を越えて・・・・」

6年間の思い出がたくさん詰まった使用済みのランドセルに、ノートやえんぴつ、クレヨンやクレパス等の文具を詰めて、世界でもっとも物資が不足している国の中のひとつであるアフガニスタンとモンゴルのこどもたちにプレゼントするという活動があります。

それが「ランドセルは海を越えて」キャンペーンです。 この企画は2004年からスタートしたようですが、「ランドセルという身近なものを通してボランティアとリサイクルの両面を、日本のこどもたちに広く知ってもらいたい」というコンセプトがあるようです。

6年間の思い出が詰まったランドセルに
第二の人生を歩ませてはいかがでしょう?

海を越えて誰かの手に渡ることの喜び

テレビの企画ではありませんが、ランドセルが海を渡って誰かの手に届いたことを想像してみて下さい。世界の国では、日本より貧しい国はいくらでもあります。国の事情、家庭の事情、町の事情など、あらゆことが原因で一日食べるご飯もままならない場所があるのです。ましてや学校に行くなんて、お金を持っている上級階級の市民だけ。実際、本当にそのような国があるのです。

その国の子供に自分のランドセルが届き、そして使われているのを考えると嬉しくなりませんか?中にはエゴだという人もいるでしょう。しかし、何もしないよりかは、自分の取った行動で世界のどこかの誰かが喜んでくれるなら、ランドセルを贈る価値はあると思うのです。そうした想いの人々が集まればもっとランドセルの輪が広がっていくと思います。

おすすめWEBサイト 5選

プラウド(野村不動産)
http://www.proud-web.jp/