topへ

桜咲いたら一年せい

ランドセルの誕生

背負いカバンを意味するオランダ語「ransel(ランセル)」(意味−背嚢(はいのう)」)がなまって「ランドセル」になったと言われています。幕末時代に兵士用に輸入された布製のリュックサックのようなものが、ランドセルのはじまりのようです。

ランドセルが通学用カバンとなったのは、明治時代に入って学習院が馬車や人力車での通学を禁じた際に、ランドセルに学用品や弁当などを入れて通学させたところからだといわれています。

また、時の内閣総理大臣である伊藤博文が当時皇太子であった大正天皇の学習院初等科の入学祝い品として献上したものが始まりとされています。

それが徐々に浸透して今のような形になったとそうです。

昭和に入って

世界でも使われているランドセルですが、昭和初期、ランドセルは1個9円程で、この値段はお金持ちでなければ買えない というものではなく、一般の家庭でも普通に手が届く金額だったようです。

しかし、当時牛革は 高くて使えなかった事から、ランドセルに使用される革は、ほとんどが豚革だったようですね。

それから、日本が豊かになるにつれ昭和30年代頃から全国にも普及、小学校中学年くらいまでの学用品のスタンダードとしてすっかり定着しています。