topへ

桜咲いたら一年せい

ランドセルの保障マークをチェック

皆さんは、ランドセルの保障マークをご存知でしょうか?保障マークと言うぐらいですから、ランドセルに万一欠陥があった場合保証してくれるというものです。テレビや電話、冷蔵庫などの家電製品は「○年保障」が付いていますよね。その保障がランドセルにも付いているのです。

通常、故意による破損や故障でなければ無償で取替えが可能です。保障期間も大体小学校を卒業する6年間ぐらいですが、メーカーによってバラバラなので購入前にチェックして下さい。自分で壊しておいて、勝手に壊れた!なんていい訳は通用しないと思いますのでそういう手口は考えないようにしましょう。

購入してちょっとしか使っていないのに「ベルト部分が外れた!」や、「留め金がきちんとはまらない」となると問題ですのでメーカーに確認するようにしましょう。

保証マーク付いてますか?

保証書

1、この保証書の期間はお買い上げ日から6年間とします。

この保証書は下記団体の会員が利用者の不利益、不都合を解消するためメーカー番号を明示し、全国どこでお買い求めになっても、又どなたから贈られてもアフターケアがスムーズにいくためのものですので大切に保管して下さい。

この保証書は、ランドセル工業会規格サイズで製造されたランドセルのみに付けられております。教科書及び副教材等も充分に入り、教室内の収納ボックスに入るサイズになっております。

万一ユーザーの不注意により故障が生じた場合は有料となります。お買い上げ店又はランドセル相談窓口にお問い合わせの上、修理をご依頼ください。

*メーカー番号をご確認の上、保証書の付いたランドセルをお買い求めください。

ランドセル相談窓口

東 京  ■03−××××−××××
大 阪  ■06−××××−××××
名古屋 ■052−×××−××××

アフターサービスを受ける際には保証書が必要となります
なくさないよう、大事に保管しておきましょう。

完全保障も!

ランドセルを作っているメーカーの中には、完全保障を実現しているところもあります。通常、6年間も使用すればどんなランドセルも傷むし壊れますよね。ましてや子供が利用するランドセル。投げたり振り回したり、子供同士でぶつけ合ったりなど、あらやる場面で壊れるケースがでてきます。そうなってくると故意による故障と判断され、修理も有償になるでしょう。

しかし、中にはこれらを想定して強固で、実に硬いランドセルを作り上げたい低の衝撃ではビクともしないようなランドセルを販売しているメーカーがあります。

それだけ強固に作っているということは、当然素材や部品にこだわっており自信があるということでしょう。その場合、やはり値段が高くなるのは必然です。子供の性格を考えると、ちょっとやそっとでは壊れないランドセルを探してこういった強いランドセルを購入してみるのも手です。

pickup

コカコーラ
http://www.cocacola.co.jp/
手彫り印鑑
https://www.inkan-kyoto.com/