topへ

桜咲いたら一年せい

出産祝いに最新ランドセルをプレゼント

入学シーズンを直前に控えて、デパートなどにはたくさんのランドセルが並んでいま。やはり入学シーズンになると子供たちがランドセルを背負って登校する姿が浮かびますよね。

しかし、ここでちょっと出産祝いでランドセルを贈ることを考えて見ませんか?「まだ生まれたばかりなのりランドセル?」そう思うかもしれませんね。しかし、意外にサプライズは出産祝いのギフトとして喜ばれると思うのです。

出産祝いは通常、ベビー用品か出産祝い金を贈るのが常識でしょう。でも、他の人たちも出産祝いは同じようなギフトしか贈りません。だったら、ここはちょっと逆転の発想をして、生まれたばかりの子供に使うランドセルではなく、小学校に進学したことを考えたランドセルを出産祝いのギフトとして贈っても良いと思うのです。

自分の身で考えたら「出産祝いにランドセルはちょっと…」と思うかもしれませんね。しかし、子供の成長はとても早く、おむつやベビーカー、またはチャイルドシートなどのベビーアイテムは直ぐに使わなくなります。そう考えると6年間使えるランドセルを出産祝いにプレゼントするのは、とても先を見据えた方法だと思うのです。

ただし、ランドセルを出産祝いに贈るときは事前に確認を取った方がいいでしょう。家庭によっては他の商品が必要な場合もあるので、ランドセルが欲しいと言うことであれば出産祝いのギフトとしてプレゼントしましょう。

現代モデルのランドセル

そのカラーの多さにビックリさせられてしまいます。 「ランドセルの色、ちゃんと選べるかしら?」と母親が小学校に上がる子どもたちを見ていうCMを見たことがありますか?

私たちが小学生の頃は、ランドセルと言えば、男子が黒・女子が赤と決まっていたのに、今はたくさんの色の中から好きな色を選べる。なんだか不思議な気分になりますよね。 しかし、それだけではなく、内装が選べるオーダーメイドのランドセルや可愛らしいキャラクターなどのデザインが入ったランドセルもあるんです。

可愛らしいのはいいけれど、それなりに価格もUPしているだろうから、子をもつ親、おじいちゃんおばあちゃんはきっと大変ですよね。

性能でランドセルを選ぶ

かわいいキャラクターやさまざまなテクスチャが施されたランドセルを選ぶのもいいのですが、やはりランドセルの本来の要素は機能性や便利性。筆箱やノートを持ち運ぶのですからいろいろなものが大きく、また軽量でなくてはいけません。ランドセルの素材によっては、そのものの重さが変わります。変わるといってもほんの少しではありますが、子供が毎日持ち運ぶランドセルですかもってても重さを感じないほど軽いランドセルだとグッドですよね。

またランドセルは肩に担ぐものですから、担ぎやすいランドセルを選ぶ必要があります。背負って肩が痛くなったり、また窮屈だとランドセルを持つのがイヤになりますよね。購入するのは親御様でしょうが、使うのはお子様です。子供の目線に立って、機能性や便利性を求めたランドセル選びをしましょう。

ランドセル選びと一緒に子供服も選びたい親御さんは多いのではないでしょうか?
入学シーズンを迎えると可愛らしいドレスを着たお子さんを良く見かけます。

子供が産まれる前にはベビーカー選びなどで悩んだ方も多いのではないでしょうか?ベビーカーもランドセルと同じように種類や色、デザインも様々で悩んでしまいますよね。これまたランドセル同様、出産祝いにおじいちゃんやおばあちゃんがベビーカーを買ってくれるなんてケースも多いそうです。

出産祝いはいろんな方から頂いたりしますが、ベビーカーをもらえることはなかなかないですもんね。使わなくなったベビーカーやベビーベッドを出産祝いにあげたなんて話を聞きますが、これから2人目、3人目を考えている方はプレゼントできませんもんね。

自分にも相手にもうれしい出産祝いを選びましょう。