topへ

桜咲いたら一年せい

 

ランドセルを選ぶ

ランドセルは、買い換えるという消耗品ではなく、小学校の6年間、少なくても数年間使い続けるものであるので購入する際は、丈夫さ、使いやすさなど十分にチェックした上で購入するが長持ちさせる秘訣です。勉強の前に、ランドセルのこともチェックしておくと良いでしょう。 身近に小学校に入学する子がいたら、何か入学祝を送りたいですね。プレゼントで定番のものといえばお花だと思います。

しかし、お花って枯れてしまうとガッカリしますよね。プリザーブドフラワーなら枯れないので、プレゼントにもオススメです。出産祝いでおなじみのおむつケーキのデコレーションにもプリザーブドフラワーが使われていることが多いです。おむつケーキにプリザーブドフラワーを添えて贈るのもいいですね。おむつケーキの可愛いさがより引き立ちます!!

「ランドセル工業会」の「保証マーク」が付いたものを選ぶ!

社団法人日本かばん協会では、品質を保証できるランドセルに、独自の「信頼と安心の保証(6年間)マーク」を付けています。購入の際には、このラベルの有無をよく確認しましょう。

・重さをチェック!
材料をうすくして作ればいくらでも軽くできます。でも丈夫さは?! 軽さと耐久性のバランスがとれたものを選びましょう。
・サイズは?
A4サイズを収納できるものがベストです。フタをしたらA4サイズの教材が曲がってしまう、もしくは閉まりにくいようでは困ります。
サイズはメーカーによって表示がちがいますので注意しましょう。
・子どもに実際に背負わせてみる!
ランドセル本体の重さはメーカーによって多少異なりますが、おおむね天然皮革のもので1100g前後、人工皮革のもので1000g前後が普通のようです。 背負う子どもに合わないランドセルでは、背負いひもが肩に食い込んだり、肩に余計な負担がかかったりと、成長過程にある子供の体に思いがけないトラブルの種を抱え込むことになります。店頭で品物や価格を見ただけで決めてしまわず、実際に使う子供に背負わせて、本人も納得する、体に最もフィットするものを数点の中から選びだすことが大切です。
・革の加工をチェックする!
最近の天然皮革のランドセルは、軽く丈夫なクロームなめしのものがほとんどであり、加工技術が向上していることもあって品質自体に問題があることはほとんどないようです。したがって、購入の際には光沢や仕上げが均一のものを選びましょう。
・縫い目をチェック!
最長6年間という長い期間に、最も傷みやすいのが縫い目です。縫い目がそろっているか入念にチェックしましょう。
・コードバンとコードバン調(仕上げ)
コードバンは、馬の臀部の革です。 一頭の馬からカブセが2枚しかとれない貴重な素材です。手触りが滑らかで自然な光沢があり、キズ・型崩れに強く、皮革の王様と言われています。 しかし、コードバン調(仕上げ)は、牛革を加工してコードバンのように見せているものです。本物のコードバンではありませんのでコードバン調(仕上げ)と表示してあったら、要注意です。
・信用のおける店で購入する!
ランドセルは6年間一度も修理をしないで使うことができれば、それに越したことはありません。しかし、育ち盛りで元気な子供が使うものだけに、手入れをまめにしていても、一度か二度は修理に出されるのが普通のようです。 したがって、購入の際にも、きちんとしたアフターサービスが受けられる、信用のおける店で買うようにしましょう。そうした店では、修理期間中、別のランドセルを貸し出してくれるなどといったサービスをしてくれることも多いので、そうした点からも安心です。
・修理
ほとんどのランドセルには修理保証がついていますが、修理に何週間もかかったり、修理代がすごく高かったり、保証書をなくして修理してもらえなかったなどがよくあります。修理用の金具・付属品を常備しているか確かめましょう。ランドセルに製造責任者のマークや刻印が入っているものは、修理のときでも安心です。

おすすめWEBサイト 5選